鶏肋日記(けいろくにっき)

クソッたれな人生や世の中についてのブログです

フリースタイルダンジョン 2018/4/3、3/13~3/27

f:id:y-keiroku:20170908151142j:plain



初めて当ブログにお越しいただいた方、訪問、ありがとうございます。

何度もお越しいただいている方、いつもありがとうございます。

鶏肋(けいろく)と申します。

 

とても久々に。

また、みなさんのブログも少しずつ訪問させていただきます(^^♪

 

実は少々(いやわりと、いや結構)、

MCバトルブームに疲れてきたところがあるので、細々と、サボりつつやっていこうと思います。

 

5th season Rec1-1です。あとちょっと、3/13~3/27分をば。

(3/20、3/27はモンスターズツアーで、バトルはなし)

 

☆チャレンジャー:T-TANGG、HIBIKI

 

 

 

5th season Rec1-1

 

新司会進行役が決定!それはなんと、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイプレス上野~~~~!!!

f:id:y-keiroku:20180404121953j:plain

 

 

これまでのナレーションに引き続き。

 

てことは、DJへの呼びかけは

「かませ~」

ではなく、

「ぶっかませ~」

でしょうね(見終わった後に言う奴w)

 

チャレンジャー:T-TANGG

 

1st BATTLE:崇勲

・round1  先攻:崇勲、後攻:T-TANGG

(♪ Dungeon Survivors / SKY-HI )

www.youtube.com


  ジャッジ:T-TANGG1-4崇勲
  (いとうせいこう DJ EMMA LiLy ERONE KEN THE 390
              ↑ゲスト審査員

 

 

・round2  先攻:崇勲、後攻:T-TANGG
(♪ Strange / hokuto )

 

 →動画等はナシで


  ジャッジ:T-TANGG2-3崇勲
  (いとうせいこう DJ EMMA LiLy ERONE KEN THE 390
              ↑ゲスト審査員

 

 →崇勲の勝利!!

 

【感想】

バトルより、サイプレス上野の進行の初々しさばかりに気を取られた。

声もっと張り上げてほしいな~、とか。

ま、これからですな。

勝負としては、T-TANGGの方が圧倒的にライムが多かったこともあり、T-TANGGの勝ちかな?と思った。

崇勲はいつも通り可愛かった。

 

崇勲

 

T-TANGG ピータン

 

崇勲御用達、言ってみただけのやつw

 

「ファイティングポーズ」

とか、わかりやすいのでも客が上がってた。

 

顔のDisが効かないのは先刻承知として。

 

T-TANGG

「バトルヘッズParty goes on ハゲ上げに罵詈雑言

今のスキルじゃ 無理だわカルマ                    

 だけどモンスター 次から勝つわ

 強すぎることの 罪から罰か

 弁慶ぶった切る 牛若丸じゃ

 

ここのライムは凄かった。ただ、

 

今は呂布カルマには勝てない?自分で認めちゃってる?

 

そして何より、義経が弁慶ぶった切っちゃダメでしょ。

それは盗んだバイクで走り出すようなもんでしょ。

 

言葉をライムに合わせると、時として文脈上の矛盾が出てしまうのは仕方がないんだけど、この2つは気になったな。

 

 

チャレンジャー:HIBIKI


1st BATTLE:烈固
・round1  先攻:HIBIKI、後攻:烈固
(♪ 52 Bars feat.GADORO / DJ SOUL JAH )

www.youtube.com

 


  ジャッジ:HIBIKI5-0烈固    クリティカルヒット!!
  (いとうせいこう DJ EMMA LiLy ERONE KEN THE 390
              ↑ゲスト審査員

 

 

【感想】

テンポのいいフロウのHIBIKI vs ライム中心の烈固の図。

 

烈固はやっぱり四字熟語が多い。

「あんたが先攻取って

 俺は正当防衛

 あんたは結構滑稽

 俺のライムは伝統工芸

「調子どう? → 後遺症 → 好印象 → 用心棒」

乗り方も軽快だった。

 

それに対し、HIBIKIはちょっとGADOROに似た声とフロウをしつつ、

「功績 → 調整 → 挑戦 → 宝石」

「新木場からまた剥く俺のスタイル」

 

てことで、総合ではHIBIKIの勝ち、と。2回戦見たかったな。

 

 

次回はHIBIKIの2回戦からですね。

 

 

4th season Rec6-6、モンスターズツアー

4th season Rec6-6

3/13の龍道の放送では、機材の不調かなにかで番組進行が一時中断し、その際に龍道が新曲のライブをするよう勧められたが遠慮。

そこを再開後の呂布カルマ戦で叩かれた、という流れだったようです。

 

 

モンスターズツアー

前回・前々回の放送のモンスターズツアー

 

猛禽類カフェ呂布カルマリクエスト)

古着屋(烈固リクエスト)

女道場輪入道リクエスト)

お化け屋敷(ACEリクエスト)

渋谷サイファ

 

 

猛禽類、カワイイ。かつて鷹匠になろうと夢見たことが20秒くらいあるぼくとしては、みてて微笑ましかった。こっちも行ってみるかな……

 

 

烈固衣装対決の後のFORKのフリースタイルがヤヴァすぎた。

 

「そりゃ間違いねえよ 古着対決

 はっきり言って誰も カッコよくする気ないぜ

 ここは原宿シカゴ ダセェ奴はシカト

 チェックしなしかと これがダンジョンツアーズ

 烈固の提案らしいけど これが名案とは誰も思ってない

 だけど裏も表もない これが俺たちなりのおもてなし

 We are ICE BAHN レペゼンFORK」

 

 

『女道場』でのフリースタイルで、呂布カルマ

 

本来俺ら生まれてきてごめんなさいって奴らばっかりなのに『生まれてきてくれてありがとう』ってマジでどうかしてるよ女道場」

 

これ、アングラとかカウンターカルチャーが表舞台に立ったことへの違和感や苛立ちが見事に表れた言葉だと思う。

"俺ら、トンガってなんぼやん。表玄関から社会に入れないならず者の集まりのはずやん"っていう。

 

今のMCバトルブームへの率直な気持ちだと思う。

 

 

お化け屋敷FRANKENが予想外で最高だった。

 

 

渋谷サイファーでの掌幻

 

「輪入もいんのかよマジかよ本当」

 

のところはテンポ、言い方、表情すべてで笑ってしまった。

 

あと、皆フリースタイル上手いな~と思った(小並感)

 

 

おしまいっ。