鶏肋日記(けいろくにっき)

クソッたれな人生や世の中についてのブログです

エロ界へようこそ!

f:id:y-keiroku:20180127181612j:plain

こばやしひよこおくさまは女子高生


初めて当ブログにお越しいただいた方、訪問、ありがとうございます。
何度かお越しいただいている方、いつもありがとうございます。
鶏肋(けいろく)と申します。

あなたは、いつ、どういうふうにエロの世界に入界しましたか? 

それとも、これからですか?

 

すでに入ったあなたは、きっかけは、

 

テレビ番組? ドラマ? 映画? 小説? マンガ? 雑誌や広告?

 

誘い役は誰でしたか?

 

年上の兄姉? 近所のお兄さん、お姉さん? 友達の知り合い? 部活の先輩?

 

親の夜の営みを、何かのはずみで知ってしまった?

 

 

目覚めはどういうきっかけでしたか?

 

ズボンやスカートにこすられてなんかいい感じになった?

 

鉄棒に股を挟んでいるとなぜか気持ち良かった?

 

 

いろいろありましょう。


ぼくの場合は、いろいろありましたが、

 

エロ本



これが大事件でした。



エロ本(ほん)です。

 

これをエロ本(ぼん)と発音する御仁は、ぼくは断固、認めません。

 

崇勲とか

f:id:y-keiroku:20180127171208j:plain

 

 

 

あれは小学校5年生のときだったと思います。

 

クラスメイトのK君とM君と、それぞれ100円ずつ持ち寄ったのです。

あわせて300円

小学生には、財産とも言える大金です。

 

大いなる共通の目的のために、3人の小学生が心を一つにし、なけなしのおこづかいを結集し、一堂に会したわけです。


夏も終わりを迎える、ある日の夕暮れ。

 

「よし、行こう」

 

そう言い、ぼくらは約束の地へ向かいました。

 

自転車で。

 

5、6分の、近くて遠い、禁断の地へ。

 

 

そう、エロ本(ほん)の自動販売です。


目的地へ無事たどり着いたぼくたちは、周囲に通行人がいなくなるまで、見えないように身を隠し、30分ほど粘りました。


そして、人影がまったくなくなったとき、



今だ!!



100円硬貨を3枚、投入したのです。

しかし、問題が起こりました。

 

 

エロ本(ほん)が何冊もあったのです。



「なんだ、と?」

 

ぼくらは驚愕しました。

こんな形で足止めを食うのは、想定外だったからです。

しかしお金を入れてしまった。

もたもたしていると、誰かが来るかもしれない。




どうする?

どうする?

どうする?

どうする?




とっさに、M君が言いました。

「どれでもいい。ボタンを押そう」



K君が反論しました。

「テキトーに押して外れやったらイヤや」



ぼくはというと、

「………(どうする?何か手はあるか?この緊縛に似た現状を解決する、奇跡の様な手が!!


……ない…っ。見つからない!!)」


そんな膠着状態が5分ほど続いたでしょうか。

 

結局、表紙の絵が可愛い、エロ漫画本(ほん)のボタンを、押したのでした。
(熟女の写真シリーズ、みたいなのもありました)

 

ピッ。

すると、



ゴトン!!! (゚д゚)!




人気のない、静寂の空間に、エロ本(ほん)の落下音が、まるで雷鳴のように轟いたのです。

 

それはあまりも大きく、

 

「みなさ~ん、こいつらエロ本(ほん)買ってますよ~」

 

といわんばかりの音を響かせたため、ぼくら3人は仰天し、あやうく心臓が止まるかと思ったほどでした。



しかし何とか気を鎮め、モノを取り出したものの、一難去ってまた一難。



落ち着くのはまだ早いのです。なぜなら、



犯行現場からは、ひと時も早く去るべきだからです。

 

ぼくらは無言で目を合わせ、頷きました。

次なる目的地は、互いの目を見ればわかったのです。



〇〇公園へ!



ぼくらは、さながら某国機関のエージェントのごとく、無駄のない、機械的な動きで、高鳴る鼓動を抑えつつ、自転車をこぎました。

 

5分後、目的地へ。



公園で唯一の街灯のある、その下で、顔を寄せ合いました。

 

ゴクリ。
生唾を飲む音が聞こえる。



「これがあの、……。…あ、開けるで?」



頷く2人。

扉が、開け放たれました。


それからおよそ数十分。



ぼくらは無言で、最後のページまで読み通しました。



衝撃が大きすぎて、また、陽が落ちて夜になっていたので、帰らなければならない時間を大幅に超えていたのです。

 

帰ったら親に怒られる時間を、さらに超えた。

 

スーパーサイヤ人のようなものです。

 

感想を言い合っているいとまはありません。

 

そこで帰ろう、として、またも問題に気付きます。



「このエロ本(ほん)、どうしよう?」



捨てる?いや、もったいない。

 

じゃあ持って帰るか? でも3人で1冊やぞ?

どうやって分ける?

………。



話しているうち、K君が、

「おれ、持って帰っても隠す場所ないから、いいわ」

 

するとM君、

「じゃあ、おれもエエわ」

ぼく。

(いやいや、うちも隠す場所なんか全然ないで。自分の部屋とかないし……でも、持って帰ったら、何回も読めるなぁ。何回も♡ うぇっへっへ…)

しゃあないなあ?おれが持って帰るわ



K君・M君
「うん。頼むわ」



で、持って帰り、親にバレずに隠しながら、何回も読んだ思い出。

そのうちのひとつは、いまだに題名も覚えています。




いやあ、ピュアだったなぁ、あの頃は。


現在はといえば。



汚れちまッた悲しみの海にどっぷり浸かっております。



エロ動画、無料で見てごめんなさい。