鶏肋日記(けいろくにっき)

なんやかやと思うこと、クソッたれな人生や世の中についてのブログです

やりたいことは何ですか?

f:id:y-keiroku:20180106214208p:plain


初めて当ブログにお越しいただいた方、訪問、ありがとうございます。
何度かお越しいただいている方、いつもありがとうございます。
鶏肋(けいろく)と申します。

 

生きづらさを抱えてきた(現在進行形)人間として、そっちの話もしっかりしていこうと思います。

 

今年の目標、というわけではないんですが、「今一番やりたいことって何?」と改めて聞かれたら、いったい何だろう?

 

自問自答してみたのです。

 

で、いろいろ考えてみたところ、意外と素朴な願望が出てきました。

それは、

 

心の底から感情を出して泣いてみたい

 

というものです。

もちろんほかに願望、希望は山ほどありますが、スッと出てきたのは ↑ でした。

 

 

ぼくは過去にいろいろあった人生だったので、

 

y-keiroku.hatenadiary.com

 

 

y-keiroku.hatenadiary.com

 

 

y-keiroku.hatenadiary.com

 

 

y-keiroku.hatenadiary.com

 

 

y-keiroku.hatenadiary.com

 

これらは、背負った生きづらさのごく一部なのですが、過酷な状況を生き抜く過程で、ぼくはいつしか涙が出なくなってしまいました。

 

タマネギを切って涙が出たり、映画を見て泣いた、とか、もらい泣きしたというのはちょくちょくあるんですよ。

 

でも、自分の人生で辛かったこと、泣くほど嬉しかったことで、心を丸裸にして泣いたのって、たぶん、20年以上ないんです(とくに辛かった方)。

ヘタをするともっとかも。

 

そして今、素直に思うのです。

 

後先関係なく、わあわあ泣いてみたいなぁ。

 

涙で視界が塞がれても。

 

鼻水やよだれで顔がぐっちゃぐちゃになっても。

 

変な声が切れ目なく漏れても。

 

とにかく、泣き終わるまで、泣きたい。

 

そうしたらきっと、洗われた心が、新しい日常の色を見せてくれる。

一度しかない人生の中で、新しい人生を迎えられる。

 

あくまで予感ですが、きっとそうなると確信しています。

 

 

でも、それが叶うには、一つだけ条件があるのです。

 

 

受け入れて、いっしょに泣いてくれる人。

 

 

もっとも苦しんだ、悲しんだゆえの涙は、共有してくれる人が必要なんだと思います。

(そうでない人もいるのかもしれませんが)

 

正直、1日だけ、心ゆくまで泣けたら、残りの人生で、自分のための涙はもういらんかな、とさえ思ってます。

(そりゃ実際は泣くかもしれないけど。気持ちとして、ねw)

 

 

と、明日は日曜なのに仕事だ。

泣きたい……