鶏肋日記(けいろくにっき)

クソッたれな人生や世の中についてのブログです

対人恐怖を克服したらもらえたボーナス

f:id:y-keiroku:20171216205539j:plain

 

鶏肋です。

困難を克服すると、どういうわけか、予想外のご褒美をもらえたりします。

 

その困難に苦しめられなくなるだけで十分楽になるのですが、

 

ボーナス

 

がもらえたりするのです。

今回は、ぼくが体験した、対人恐怖の克服について書きます。

 

↓ ぼくは、生い立ち面でいろいろありまして(実はもっとたくさんありますが)、 

y-keiroku.hatenadiary.com

 

 

y-keiroku.hatenadiary.com

 

 

y-keiroku.hatenadiary.com

 

 

y-keiroku.hatenadiary.com

 

 

y-keiroku.hatenadiary.com

 

 

諸要素がダマになって地獄の様相を呈しておりました。

その要素の一つに対人恐怖があります。

 

もうね、誰であれ、他者が眼前に来ると、過度の緊張に襲われるのです。相手の拒否等が恐くて、恐くて、ただただ恐ろしくて。

で、相手の動向を異常に気にかけてしまう。関係を上手く(失敗なく)やり過ごすために、対手の一挙手一投足をミリレベルで観察し、自らの言動にも超細心の注意を払い、"ミスのない"アクション、リアクションを取ることに神経をMAXまで削る。

 

要は、恐怖に由来する、過剰適応

それだけに腐心、腐心、腐心、腐心しておりました。

 

今思えば、しんどいことをしていたものです。

自分自身をどーんと、まな板の上に晒してしまえば、それでOKだったのですから。そこから関係が始まるのですから。

 

でもまぁ、長らくそれができなかったぼくですが、訓練、訓練、修練の末、それができるようになったわけです。

 

自分を偽らず、ムリせず、他者と接する。何かあっても別にええわ、スタイル。

 

それができるようになると、変化が起きました。

 

わかりやすいのが、人に話しかけられるようになったことです。

 

それまで、自分が人に道などを聞くことはあっても、その逆は皆無といっていいくらいでした。

 

それが、自分の気持ちをオープンにできるようになるにつれ、

 

「あのう、ちょっとお尋ねしますが……」

 

と尋ねられることがドンドン増えてきたんです。

 

現在、ぼくに対人恐怖の要素はほとんどありません(たぶん)。生物として必須の、危険察知の警戒心と、他者と接触することそのものから生じる必然のストレス以外で、過度に他者に緊張はしないです。

斎藤環先生だったかな、思春期の男性は対人恐怖、女性は摂食障害に陥りやすいと仰っていました。だからこれは、もしかすると一過性の現象なのかもしれませんが)。

 

 

ところで、極めつけの出来事がありまして。

 

数年前、ぼくがスイスに旅行したとき、チューリッヒで、アメリカかイギリスか、ともかく英語圏の国籍であろう女の子2人組(20歳くらい♡)に、券売機でのチケットの買い方を尋ねられたんです。

 

そのときぼくは、

 

おいおい、おれ日本人で、おれもなんかテキトーに買ったけど、切符の買い方なんか他国の人に説明できるわけないやろーがよ。なんでおれなんかに聞くねん!?駅員さんがたくさんおるんやから、そっちに聞けよ!!

 

そう思ったのですが、まぁなんとか、答えてみることにしました。

 

目的地、そこまでのルート、利用列車の希望(各駅、特急)などをいろいろ聞き、必要情報を入力、そして最後、紙幣を投入するのですが、これがちゃんと入らない。

何度入れてもお金が返ってくるのです。

 

んん?何でだ?

目的地、出発地、その他の項目の入力も合ってるはずだぞ?

どういうこった?間違いがあったのか?

 

逡巡した結果、気づきました。

 

ああ、紙幣は「1枚ずつ」入れなきゃダメなんだ、と。

で、「1枚ずつ」って、英語で何て言うんだっけ?

 

………。

 

でも、人間って、すごいものです。

ホント、何年ぶりだっけ。学校で習って以来のフレーズが、突如、ぼくの口からこぼれ出たのでした。

 

「One by one」

 

すると女の子2人組は、「Oh~!」と声を上げて納得し、無事、券売機で希望のチケットを購入できたのでした。

たしか結構お礼言われてたと思うのですが、ぼくは日本に帰る飛行機に乗るために空港に急いでいたので、彼女たちとゆっくり話したりできませんでした。

 

ちぇっ。そこからロマンスが…  (←表現が古いw)

 

でもまぁ、人生、目先の課題を克服した後で、まさかスイスでそんなことがあるなんて思ってもみなかったわけですが、

 

日常の世界線←『Steins;Gate』の表現ですよ~♪を変えると、未来では想定外のことが起こったりするわけです。

そして、その変化が、"困難の克服"であれば、多分に好ましい(たぶん)出来事があなたに起こるわけです。

 

おもしろくないですか?

 

 

そういう話でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!!