鶏肋日記(けいろくにっき)

なんやかやと思うこと、クソッたれな人生や世の中についてのブログです

フリースタイルダンジョンの「ヤラセ」疑惑について

f:id:y-keiroku:20170908151142j:plain

 

ぼくは「ヤラセ」や「ジャッジの仕込みはない」と思っています。

別に番組を擁護するわけじゃないです。

 

とくに、チーム戦方式を採った3rd seasonを見ていて思ったことです。

 

チーム戦は1対1に比べて、

 

・1バースずつマイクリレーして、薄い内容になりがち

・各人のスキルだけじゃなく、偶発的なノリで、ラッキーパンチが起こりやすい

・チャレンジャーはネタの仕込みや戦略を練りに練った状態で挑める

R-指定が団体戦に出た場合鉄壁の4番砦をするりとかわして般若戦までたどり着くという展開が起こってしまう(この人、ホントに団体戦向いてないw)

 

そういう傾向がぼくは好きでなかったのですが、それとは別に、

 

以前から噂されてた、審査員や番組のヤラセはないぞ

 

って確信しました。その最大の理由が団体戦なのです。つまり、

 

 

根拠①エースが不戦なんてありえない

 

Aceではありませんw 点取り屋の方のエースです。

団体戦で出た焚巻など、チームのエースが1戦もせずに敗退するなんて、番組側がそんなもったいないことしたいはずがないんですよ。

ぼくもヤラセの噂は少し気になっていましたが、これで疑念が消えました。

 

 

その後、以下の発言を聞き、「ヤラセなし」の確信がさらにさらに固まりました。
 

 

根拠②Zeebraの発言

 

ラジオか何かでZeebraが、

「俺らストリート上がりのラッパーが嘘ついたら、オシマイ」という趣旨の発言をしていて(カッケー!!)、説得力Max、その場でうんうん頷きました。

 

 

根拠③KEN THE 390の発言

 

これもラジオか何かでKEN THE 390が、

フリースタイルダンジョンの場合、審査員や会場の客は、バトルを耳で聞いて判断するけど、テレビ放送を見る人は、文字起こしされたテロップを目で追う。実はバトルは、文字起こし通りに完全な文章を話してるとは限らず同音異義語があったり、本人ですら何を言ったかよく理解していない場合もある。そういう曖昧さが、"完璧なテロップ"を見ると消えてしまう。結果、テロップを見てる人からすると、『なんでこれがモンスターの勝ちなんだ?チャレンジャーの勝ちじゃないのか?』という意見が出てくるが、それは文字の影響を第一に受けているから。だから一度、目をつぶって聞いてみてほしい。目で追うときと印象が大分違うはず」

という内容の話をしており、「おお、KENさんスゲー!」ってなったのです。

 

それくらい「ダンジョン」の文字起こしは、完成度が高いんだそうです。

ぼくも1度文字起こししてみたのですが、改行や文字の微妙なスペース、大きさ、テロップの速さ、残し方などが相当計算されているのがわかりました。

 

 

y-keiroku.hatenadiary.com

 

 

y-keiroku.hatenadiary.com

 

 

そういうわけで、ぼくは「ヤラセはない」と思っています。

(ちなみに表示などのミスは、番組HPで訂正されています)